スポンサーリンク

タクシー運転手として働ける年齢

高齢者ばかりのイメージがあるタクシー運転手。

僕を見た瞬間、

「若いね!」

なんていわれるお客様もいます。

「40代ぐらい?」

「30代です」

「えええええ!!!」

どっちに対しての驚きなんでしょうね。

と、まあ、40代でも若いとされています。

7年この業界にいますので、最近では年相応に見られるようになりました。

後輩も増えてきましたが、ほとんどの人が年上です。

何歳からタクシー運転手になれるの?

最年少は21歳です。
なぜなら2種免許を取得できる条件に、

普通免許を取得してから3年以上経過していること

があるからです。

普通自動車第二種免許(2種免許)取得について独学か自動車学校か

将来、19歳で取得可能になるかもしれないとニュースでありました。

19歳でバスやタクシー運転手になれることについて賛成? or 反対?

何歳まで採用される?

平均年齢の高いタクシー運転手ですが、一体何歳まで採用されるのでしょうか?

タクシーの採用担当ではないので正確には分かりませんが、60歳ぐらいまでは未経験でも採用されるのではないかと推測できます。

というのも、僕の同期が60歳で入社していたからです。

タクシー業界は常に人手不足であり、会社は常に人を募集しています。
会社によっては問題なく運転できるようであれば、是非欲しいというところもあるようです。

探してみると意外とあるかもしれません。

何歳まで働ける?

最高齢は93歳。

特に年齢制限はないようです。2種免許の更新ができれば、ずっと働けるということですね。

ただし、法人では難しいと思います。

法人タクシー

僕が働いている会社では75歳まで働けることになっています。

65歳で定年を迎え、そこからは雇用形態が変わり嘱託となります。

75歳になっても人手が不足していれば、声がかかることもあるとか。

さらに人手不足の会社はもっと上がいるようですね。80歳でも働いていると耳にしました。

その会社の事情によるものが大きいと思われます。

個人タクシー

先ほどの93歳の方は、個人タクシーを開業している方です。

個人タクシーは自営業のようなものですから、許される限りずっとお店を開くことができるというわけですね。

少々怖い気はしますが。

法人タクシーで経験を積み、個人タクシーになることができれば一生働くという選択肢も可能です。

年金と組み合わせれば鬼に金棒

タクシー運転手は定年を迎えても、正社員と同じぐらい稼げる可能性がありますので、年金受給と組み合わせればまさに鬼に金棒です。

「年金がもらえるからちょっとのんびりやろうかな」

なんて考え方でも全然OK!
給料をもらいすぎると、その月の年金受給額が減るため、抑えるという人もいます。

年金がもらえる方こそ、タクシー運転手はおすすめの職業です。

【注意】深視力(しんしりょく)

深視力とは
物体の遠近感、立体感、奥行き、動的な遠近感を捉える目の能力の一つ。

2種免許では視力に関して普通免許より厳しくなっています。

矯正視力可
両眼で0.8以上
片眼でそれぞれ0.5以上
深視力を3回検査した平均誤差が2cm以内

これがクリアできないと2種免許を取得することができず、タクシー運転手になることはできません。

深視力でつまづいている方が何人かいます。特に高齢の方の場合は難しいようです。日頃から目のトレーニングをおすすめします。

深視力トレーニング その1

まとめ

タクシー運転手は2種免許さえ持っていれば、学歴も年齢も性別も国籍も関係ありません。

今の職場を早期退職し、のんびりタクシー運転手をする方も見受けられます。

年金問題がささやかれている現在、年金だけでは不安な方はタクシーと両立させるなんてやり方もあります。

普通免許を取得して3年以上経過している方、タクシー運転手を職の候補に入れてみてはいかがでしょか。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー運転手になりたい
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました