スポンサーリンク

子供は大人からするとみんな変。だから面白い。『うちの息子ってヘンですか?』を読んだ感想

この記事は書評のつもりですが、僕の意見がほとんどです(笑)

うちの息子ってヘンですか?男子育児のしんどさが解消される本を参考にしています。

ブックオフで読書する本を探していたら見つけました。面白そうなタイトルが。

『男の子に限らず女の子もヘンな子はヘンだろう』とニヤつき怪しく呟きながら手に取った本です。

僕はテニスコーチを3年程経験して、男の子と女の子の両方を見てきました。合わせて40人ぐらいですかねえ。

正直男の子と女の子の違いは『落ち着きがないか、多少落ち着いている』ぐらいです。

男の子と混じれば女の子も悪ふざけはしますし。

ただ、その中にも数人、手強い子供がいました。確かに男の子です。

その手強い子が集団の中にいると伝染しますので大変です。

この本は男の子を持つ親のために書かれていますが、女の子の親でもものすごく役に立つと思います。

なぜなら男の子も女の子も子供という共通点がありますからね。

子供を受け止める(男目線)

子供がやる訳の分からないことに対して笑ってあげられること、これは男の人の方が得意かもしれませんね。

僕も子供の頃はよく悪ふざけをしていましたから懐かしく思います。

訳の分からないことに目くじらを立てず、多めに見てあげてもいいことはたくさんあります。

のんびり
のんびり

成長するにしたがって落ち着きますから。

今の内だけやらせてあげてもいいのではないでしょうか。

もちろん人に迷惑をかけるようならやめさせなければいけませんが。

ママとパパの違い

これは単純に経験してきたことの違いでしょう。どのようにして大人になったかです。

僕と妻の話になりますが、女性は気にする範囲が多いような気がします。

例えば洗濯物の話。

洗濯物に出すときに裏表を気にする妻。まったく気にしない旦那。

気になった時に元に戻せばいいと考えているので僕の場合はそのまま干します。気にしません。

僕からすると小さなことでも女性からすると問題だったり。

細かいことを気にすることが子育てにも反映されているかと思います。

僕は注意する必要ないのになあと思いながら見ていることが多いです。

そのため、怒る回数が圧倒的に違います。

怒る範囲

女性が子供に怒る理由として、

「みっともないからやめなさい」

この理由が結構多いのではないでしょうか。

男性・・・、といっても僕の意見ですが、外で鼻をほじろうが、鼻水垂らしてようが、そんなに気になりません。

流石に娘が半ケツだしてお尻をかいてたときは・・・。笑ってたかな。

女性がこれはダメと思うところでも、男性はいいんじゃない?となってしまいます。

褒められたい、注目されたい

子供は褒められたいんです。注目されたいんです。大人の承認欲求みたいなものですかね?

「ママ見てー!」

がその証拠。

何にも悪気はありません。

豚もおだてりゃ気に登る

お手伝いしないって?

小さなことでもできたら褒めて褒めて褒めちぎれば。男は単純だから。

旦那もそうじゃないですか?

大好きなママが褒めてくれたら男の子は頑張っちゃいますよ。

豚もおだてりゃなんとやらッてね。

僕も嫁から褒められたら調子乗ってやっちゃうし。

のんびり
のんびり

最近褒めてくれないなあ・・・。

物で釣らない

お手伝いしてほしいから物で釣る?

それはやめた方がいいんじゃない?

物で釣ることは段々エスカレートしていきます。初めは飴玉だけで良かったかもしれません。

それが段々大きくなって最後は現金に。子供は要領がいいんです。ある程度お金が貯まってくると少ない額では動かなくなりますよ。

のんびり
のんびり

僕がそうだったから(笑)

小さなうちにお手伝いの習慣を

だからお手伝いしないんだってば!!

お手伝いさせるにもコツがあって、子供にお手伝いと認識させないことです。初めは。

僕の娘は2歳で色々やってくれます。というのも、娘の成功体験を作っています。

やらせてることは大したことありません。

  • 洗濯物の取り込み
  • お布団のシーツのセッティング
  • 枕カバーの脱着、装着
  • 保育園での準備

「やらない」といえば無理強いしません。

ただ、次に機会があれば同じことでも聞いています。そのうちやってみると言い出します。

手伝うといっても邪魔ですよ。はっきり言って(笑)

のんびり
のんびり

自分がやったほうが断然早いです。

やってくれたら褒めます。褒めちぎります。アメリカ人並みのオーバーアクションです。

「うわぁー!できたねー!すごいねー!ありがとねー!パパ助かったからまたお願いするね!」

叱るのは根気

叱るとき楽をしていませんか?

「鬼が出るよ」

とか、

「ご飯なしにするよ」

とか、

「○○してあげないよ」

とかです。

子供はずる賢く頭がいいです。そのうち慣れてきますよ。

「鬼が出るよ」

に対して、

「鬼なんかいないよ」

「ご飯なしにするよ」

に対して、

「ご飯いらない」

「○○してあげないよ」

に対して、

「しなくていいよ」

等々。こうするとどうしようもありません。実際ご飯を抜くわけにはいかないし。子供は感づきます。

成長していくにつれて悪知恵もついてきますからね。

泣かすもあり

本当に怒っていい場面であれば、泣かしてもいいんじゃないですかね。僕は泣かせます。

のんびり
のんびり

泣かすといっても過度に怒ってはいけません。

どの程度で泣くかを把握して。

子供なので教えなければいけないことはいちいち多いです。

面倒に感じるでしょうが、根気です。

お節介していませんか?

 自分のペースでやりたいのに、

「○○しないさいね」

「○○してはダメ!」

いちいち指図していませんか?

僕はこんな風に言われると反対のことをしたくなります。

一応僕はアラフォーですが・・・。

子供だったらなおさらです。イヤイヤ期もありますからね。

口うるさくすると余計言うこと聞きませんよ。聞くにしても毎日毎日大変じゃないですか?

もし、直したいのであれば『帰りの会』をおすすめします。

静かに、落ち着いたときに、落ち着いて話したほうが効果的です。

女の子に応用

基本的に男の子も女の子も子供という部類であることに変わりありません。

とはいえ、女の子の方がやはり世間一般に言われるように落ち着いています。

テニスコーチ時代に手を焼いていた子も男の子ではありました。

では、女の子と男の子の育て方は違うのかというとそんなことはありません。

やることは一緒。

いけないことはいけないと叱る。そして、出来たら褒める。

この方針は性別関係なく一緒です。

まとめ

子供はただ、純粋に自分がやりたいことをまっすぐにやっているだけ。

子供はただ、純粋に大好きな人に褒めてもらいたい、認めてもらいたいだけ。

子供はただ、純粋なだけ。

子供はただ、知らないだけ。

だから大人からすると変かもしれませんが、子供からすると普通なんだと思います。

『子供の普通』をある程度汲んであげて、必要があれば叱る。叱る必要がなければ見守る。

さすれば育児のしんどさが少しは解消されるでしょう!

なんてね。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
子育てタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました