スポンサーリンク

転職人生のすすめ『社会人の長期連休』

退職するということはものすごく勇気がいります。歳を重ねれば重ねる程に。

  • 給料が低い
  • サービス残業が多い
  • 毎日帰って寝るだけの生活

こんな生活を続けるぐらいだったら退職することをおすすめします。

僕が初めて退職したのは25歳の時。

退職理由は、経理職から現場作業へ異動になったことで、

  • 毎日単純作業で嫌気がさした
  • 膝が痛くなってテニスの楽しさが半減した
  • これを機会にテニスコーチをやってみようと思った

です。ブラック企業だからというわけではありませんでした。

これが僕の転落人生・・・。

いやいや、転職人生の始まりです。

こんなに自由が得られるなんて。

有休消化とボーナス支給

まずは会社を辞める前に・・・。

労働者には権利があります。
労働基準法によって労働者が行使できるものがいくつかあります。

会社には規定があります。
その規定によって本来得られるものがいくつかあります。

国や会社から与えられたものを活用しない手はありません。

有休消化

有休休暇が残っているのなら、すべて消化して辞めた方が良いです。

中には会社のことを考えて全く消化しない人もいるようですが・・・。

他人の考えなのでとやかく言うつもりはありませんが、非常に

もったいない

ボーナス支給

僕が初めての会社を辞めた月が7月。大体辞める月はボーナスが支給される7月と12月の締め日です。

会社の規定で
賞与(ボーナス)の支給は支給日に在籍している者

とありましたので、

膝が痛くても、退屈な仕事内容でも我慢して2ヶ月ほど働いたのち、残りの有給休暇の日数分で7月分の給料とボーナスが支給されるように計画的に退職しました。

会社規定はしっかり読んでおいた方がいいです。

すべて実行

ボーナス支給の会社に3社ほど勤めましたが、すべての会社で有休消化、ボーナス支給を実行しています。

1社だけ、ブラック企業だったので、もめましたがね(笑)

退職代行

会社によっては有休消化もボーナス支給も、はたまた退職すらやりにくいかもしれません。そんな方は退職代行をおすすめします。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

お金はかかりますが、違う形で取り返せばいいですね。

退職の魅力

退職をすることで得られるのは何といっても

自由

です。

皆が働いている時間に自分は好きなことができる。こんなに気持ちいいことはありません。

旅行とテニス三昧

在職中に次の職場を決めて辞めたことがあれば、決めないで辞めたこともあります。

大体有休消化と合わせると連休は1~2ヵ月ぐらいでした。

今思えばタクシー運転手があるのだから、しっかり失業手当をもらいながら遊んだり、勉強してからでもよかったなと思いました。

【失業手当】自己都合と会社都合、会社辞める前に知っておいた方が良いこと

まあ、初めての海外旅行ができたし、テニス三昧だったし、やりたかったテニスコーチもできたし、スキューバダイビングもたくさんできたし、満足しています。

知識があればもっと充実した失業ライフが送れます(笑)

有休消化は不労所得

学生はお金に困ってアルバイトをしながらというしがらみがありますが、社会人であればお金があるので自由にできます。

有休消化の期間であれば遊びながら給料がもらえるわけですから、こんな素晴らしいことはなかなかありません。

期間限定ですが不労所得ですね。

転職の注意点

転職することで、自由な時間を手に入れることができ、いいように思えますが・・・。

おいしい話には注意しなくてはいけません。

僕が転職をお勧めするのは、未来のない会社に勤めている人であって、未来のある会社に勤めている人にはお勧めしません。

僕が経験したことですが、次の職を見つける際に同程度又はさらに上の会社を見つけようとなると、それ相応の経験とスキルが必要です。

僕のように中途半端な経験とスキルしかないと、自分の経験とは関係のないところへ就職しなくてはならないかもしれません。

住めば都、自分のこだわりが無くなった時、新鮮な気持ちになりましたけどね。

あっ、言い忘れました。

もし、転職活動失敗したらタクシー運転手がありますから、

心配しなくても大丈夫!

では、いい転職ライフを!

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました