スポンサーリンク

僕の転職失敗談と学んだこと

僕は転職を何度かしてきて、今、タクシー運転手として働いています。

これが失敗なのか成功なのかは分かりませんが、なりたくてなったわけではないので失敗ということでしょうか。

住めば都

タクシー運転手も悪くないなとは思っていますので、結果的に成功といえば成功とも言えます。

転職人生のすすめ『社会人の長期連休』

1社目退職

まず初めに退職したのが某自動車会社の下請け企業です。

リーマンショックのあおりで、派遣切りをしすぎたために現場の人手が足りなくなり、応援のため、無期限で異動。

辞めた理由

リストラに近い意味での異動だと思うのですが、現場の仕事が合わなかったことと、テニスコーチをやってみたかったことで退職を決意しました。

これが人生のレールを外れる第一歩だとは知る由もなく・・・。

楽しい長期連休

と、まあ、辞めてしまったものは仕方ありません(笑)

とりあえず、退職したら自由です。

有休消化と次の入社までの間は好きなことをして過ごし、テニス歴2年でも雇ってくれそうなテニススクールを探しました。

退職の醍醐味は有休消化と次の入社日までの自由時間。

やりたいことがたくさんあったので、満喫しました。

自由って素晴らしい!

退職届が出しづらい人には強い味方です。
退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

アルバイトでテニスコーチ

今回は次の職場を決めずに退職したので、有休消化中に探しました。

テニスコーチになりたい人へ、採用は緩いです。

意外とすんなり見つかりました。ここで知ったんですが、接客業系は人手不足なんですね。

正直テニスコーチも慣れるまではきつかったので分かる気がします。

テニスコーチとしてバイトしていた話

これはこれでいい経験ができました。

しかし、このフリーターの期間が原因で、経理としての道が閉ざされたのかなと思います。

辞めた理由

ずっと続けるつもりはなく、ある程度経験したら事務職に戻ろうと思っていました。

2011年3月11日に東日本大震災があったことをきっかけに、フリーターでは将来が不安ということで就職を決意しました。

このときの失敗

リーマンショックのあおりを受けて企業は慎重になっています。

3年程度の経験で、しかも経理を離れた人間の経験など必要ではなかったのです。

それを知ったところですでに遅し(笑)

普通に考えればわかる話ですよね。

経理の職に就いているときに上級の資格を取るとか、フリーター時代に資格を取るとか、勉強熱心であることをアピールできていればよかったかもしれません。

テニスの腕はものすごく上達したのですが、肝心の経理の勉強は全くしていません。

結論(無謀だった)

  • 学歴がいい
  • 有名企業からの転職
  • 上級な資格を持っている

等の付加価値があれば、同じ職種に就くことはできたかもしれません。

  • 高卒
  • 日商簿記2級

魅力は乏しい。

テニスコーチと全く畑違いのところに3年もいたら希望職種に就くのは至難の業ですね。

同程度又はより上の会社に転職しようと思うと、相当の経験とスキルが必要です。

僕には無謀な転職だったのでしょうね(笑)

とりあえず3年は間違い?

とりあえず3年は続けなさいと世間では言われています。

何をもって3年なのかよくわかりませんが、大したスキルも身に付けないで、ただ3年働いただけでは、まずステップアップは無理でしょう。

なぜスキルがないのに転職できるのか、何をもって転職できると思うのか、もう一度冷静に考え直した方がよさそうです。

自分が採用者なら、自分を採用するかどうかを。

退職の評価

失敗の原因は実力不足。

勢いで退職してしまったので仕方ありません。

世間知らずで勉強不足。人気の高い事務職では通用しなかったということですね。

ただ、どのみち現場作業を続けていたところで何のスキルアップも望めなかったし、いつ経理に復帰できるかも未定でした。

ずっと現場作業だったかもしれません。

有休消化と次の入社までの間の自由時間は満喫できました。

何より、

『興味があったテニスコーチを経験できたこと』

やりたいことがやれたのはよかったと思っています。

社会人の長期連休を経てタクシー運転手へ

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
気まぐれタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました