スポンサーリンク

タクシー運転手は底辺なのか?

巷でいわれている、『底辺の職業』にタクシーの運転手が入っています。

2ちゃんねるまとめが大好きな僕は、タクシーは底辺と散々見てきました。

そのためにリアルでは僕がタクシー運転手であるということを躊躇しています。

はたして、本当に底辺の職業なのでしょうか。

僕の考えを書こうと思います。

底辺といわれる由来

  • 誰でもできる
  • 最後に行きつく先の職業
  • ブラック企業
  • 勤務時間が長い
  • 給料が低い
  • 運転手の質が悪い

というところでしょうか。

誰でもできる職業

誰でもできるというより、免許さえあれば誰でもなれると言ったほうがいいかもしれません。

2種免許と1種免許、大して難易度は変わりません。

会社負担で免許も取れるわけですから、よっぽどのことがなければできちゃうんです。

続くかどうかは別ですよ。

そういうところはとりあえず、いろんな人が集まるから底辺な人も集まりやすいです。

なぜなら、まともな会社で働けなくなって辞めていった人の受け入れ先だからです。

こういうと悪いように聞こえますが、他の会社に比べて多いんですよね。変な人。

誤解しないでいただきたいのは、変な人はタクシー運転手でも一部ということ。

まあ、タクシー運転手に限らずどこにでもいますがね。

最後に行きつく先の職業

タクシー会社は常に人手不足なので、誰でもウェルカムです

今でこそ多少の結界はありますが、A級妖怪ぐらいだったら抜けられます。

面接で落ちたなんて話ほとんど聞きませんから。

続くかどうかは別ですよ。

就職活動が上手くいかず、行きつく先がタクシー運転手。

何かに失敗した人がなる職業の一つです。

はい、僕も何かに失敗してなった口です。

ブラック企業ばかりである

売上主義なところがありますので、売上ができないと色々いわれます。

いわれていました。

以前の会社はパワハラばかりでしたが、今の会社に移ってからはパワハラはありません。

売上がなくても、

「お疲れさまでした」

といわれます。

ブラック企業かどうかは会社次第です。

タクシー会社に限らず、ブラックなところはブラックだし、ホワイトなところはホワイトです。

勤務時間が長い

これは否定できません。

定番は隔日勤務です。1日の拘束時間は約19時間。

タクシーの勤務体系と勤務時間-主体は隔日勤務-に隔日勤務のことを書きましたので、よかったらご覧ください。

19時間拘束されますが、次の日は出勤しないのでどうなんでしょう?

毎日夜遅くまで働いて、またすぐ出勤という会社なんてたくさんありますから。

そっちの方がしんどいと思いますけどね。

給料が低い

半分正しくて、半分間違い

売上によって給料の額が決まりますし、ノルマがあります。

ノルマが達成できな人は少ないですし、売上が高い人は給料が高いです。

地域によりますが、最低賃金~1,000万円と幅広いです。

まあ、1,000万円は信じられませんけどね。

すごい人は800万円ぐらいもらってます。

タクシー運転手の給料と仕組み。ノルマとはに給料のことを詳しく書きましたので、よかったらご覧ください。

運転手の質が悪い

底辺といわれる一番の原因は運転手の質だと思います。

今はすごく改善されていると思います。

それでも昔からのタクシー運転手は質の悪い人が多いです。

テレビやSNSで、タクシー運転手と乗客がもめているというのをよく目にします。

未だに悪さする運転手もいます。

まあ、乗客も似たような奴いるし。

なぜタクシー運転手を続けているのか

この記事を書いているときは、かれこれ7年になります。

なぜと改めて問われると返答に困ります。

  • 楽だから?
  • 給料がそこそこいいから?
  • なんとなく
  • 他に行くところがない。

以前は都会でタクシー運転手をしていましたが、今は地方でタクシー運転手をしています。

そこで大分楽になりましたね。楽をして給料は下がりましたが悪くないと思っています。

転職活動もしました。

内定を何社からいただきましたが、タクシーをやっていた方が条件が良かったため、断っています。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

意外といい人間関係

職場の人間関係はいいですね。

班単位でシフトをくまれてはいるものの、個人で仕事をしています。

個人で仕事をする利点

  • 嫌な奴とは関わらない
  • 能力の低い人に足を引っ張られない

嫌な奴と関わったり、足を引っ張られたりすることは仕事のストレスの要因だと思います。

タクシー運転手はそれがありません。

以前の職場だと、飲み会が開かれても面倒だと思っていましたが、運転手同士の飲み会は参加しています。

楽しいから。

結論

底辺なのはタクシーではなく個人。

どこの会社にも底辺のような人がいるし、尊敬できるようなすごい人もいる。

タクシー業界も同じようなものです。

ちょっと底辺の人種が表に出ることが多いから、底辺というイメージがついたのではないでしょうか。

たくさんのお客様にご乗車いただいていますが、僕らを見下す人は少ないと感じています。

僕の接客がいいのかな?

なんてね(*’▽’)

未経験者・女性・どなたも歓迎! 大手・優良タクシー会社への転職は【タクQ】

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー運転手になりたい
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました