スポンサーリンク

タクシー運転手の賃金(給料)ってどうなってるの?

タクシー

タクシー運転手に興味を持った方なら、給料は歩合ということは恐らくご存じではないでしょうか。

言葉は分かっていても実際どんなものなのか分かりにくいですよね。

のんびり
のんびり

タクシー運転手の賃金の決め方は大きく分けて2つ

  • 完全歩合
  • 一部歩合

もしかしたら、歩合が絡まない賃金はあるかもしれませんが、聞いたことはありません。

それぞれ解説します。

完全歩合

完全歩合は字のごとく、営収をもとに計算され、その額が賃金となります。

営収 : 売上から消費税を引いた額

【計算方法】

営収 * 歩率 = 賃金

歩率は会社によって違いますので一概にはいえませんが、大体50~65%と設定されています。

のんびり
のんびり

60%という数字は東京ならでは。破格です。

ただし、
『月のノルマ』
が設定されていて、その額を達成できない場合は歩率が下がります

のんびり
のんびり

月のノルマは60万円程度

タクシー業界では、
100万円の営収を上げるとトップレベルといわれています。

100万円の営収を上げた場合、
その60%である60万円が、その月の賃金となります。

のんびり
のんびり

休日出勤をした日は歩率が少し上がります。

賞与、退職金はない

完全歩合の場合、賞与と退職金はありません。
給料に含まれていると考えています。

それでも、毎月100万円の営収だった場合、
年収が600万円になります。

もしかしたら、僕が知らないだけで、あるかもしれません。会社に問い合わせてみてください。

一部歩合

固定給+歩合で計算される賃金体系です。

固定給があるなら安心だね

と思わせるのが狙いで、実際は完全歩合とほとんど変わりません。

なぜなら、固定給は微々たるものだからです。
多くても15万円前後です。

営収 : 売上から消費税を引いた額

【計算方法】

固定給 + 各種手当 +
(営収-ノルマ)* 歩率
= 賃金

完全歩合と違い、固定給があるので歩率が低めに設定してあります
各種手当はノルマを達成しないと付与されません。

この各種手当を合わせると歩率は40%程度になります(正確な歩率は公表されていません)

計算方法(大体)

仮に100万円の営収があった場合、ノルマが60万だとします。

ノルマを達成すれば各種手当が付与され、営収の40%程度が賃金になります。

100万円 * 40% = 40万円

この金額に、賞与と退職金が付与されます。

結局

ややこしいことをやっていますが、完全歩合も、一部歩合も、結局は営収次第の数字になります。

ノルマ未達の場合

【完全歩合】
ノルマ未達の場合は、営収に応じて歩率が下がって計算されるようです。

【一部歩合】
手当を付けず計算
(計算方法公表されず)

のんびり
のんびり

どちらも最低賃金は下回らないはずです。

最終的に

どちらももらえる額に大差はないでしょう。

考え方としては、
賞与と退職金を先にもらうか、
賞与と退職金を後でもらうか、
のどちらかとなります。

休日出勤は歩率が上がる

休日出勤は歩率が上がります。
休日出勤手当とでもいいましょうか。

この歩率も会社によりますが、多いところでは営収の65%のところもあるようです。

もし、7万円営収があったとすると45,500円

夢のようだ!

この休日出勤にはノルマは関係ないので、出勤すればだれでも貰うことができます。

どちらがいいの?

僕の考えですが、
完全歩合の方がよさそうです。

育児休業給付金と傷病手当

特に、僕のように育児休業を取得しようと考えている人間にとっては、完全歩合の方が都合がいいです。

なぜなら、月の給料の額面が育児休業給付金、傷病手当に反映され、多ければ多くもらえるからです。
【関連記事】知らなきゃ損する育児休業給付金について簡潔に解説します

賞与の額がいくら多くても、育児休業給付金、傷病手当の額には関係ありません。

賞与、退職金

賞与や退職金があるとしても、
後でもらう場合、
業績によっては本来もらえた額を、減額又は支給されないかもしれません。

コロナショックで

コロナショックでは多くの会社が倒産しました。
もし、
「賞与、退職金がもらえず倒産してしまったら」と考えると、先にもらっておいた方がよさそうです。

制度の変更

経営状態や会社の勝手な意向により、制度が変更され、従業員に対して不利な条件になることもよくある話です。

まとめ

簡単にまとめると、完全歩合も一部歩合も
営収 * 歩合で計算できてしまいます。
結局は営収次第です。

完全歩合の場合、
毎月の賃金の中に賞与、退職金が含まれます。

一部歩合の場合、
毎月の賃金、年数回の賞与、退職時の退職金とわけて支給されます。

僕のような転職組は、完全歩合の方がとりっぱぐれないので、得なのかなと思います。

皆さんも自分に合わせて選ぶといいと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー運転手になりたい
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました