スポンサーリンク

タクシードライバー 個人プレーのメリット、デメリット

「俺が休んだら、
皆に迷惑がかかるから休めない」
「俺のせいで
みんなに迷惑をかけてしまった」
「あいつが失敗したせいで
俺が尻ぬぐいだよ」

自分のせいで誰かに迷惑をかけ、
誰かのせいで迷惑をかけられ・・・。
持ちつ持たれつという言葉は
ありますが、
気分がいいものではありません。

その点、
タクシー運転手は
個人プレーのため、
これらの悩みはほとんどありません。

自分の足を引っ張るのは自分。
責任を取るのも自分。
自分のミスは自分で解決。
他人のミスは本人が解決。

気楽ですね。

この記事は
タクシー運転手をしていて
僕が感じた、
個人プレーのメリット、
デメリットを
紹介します。

個人プレーのメリット

個人プレーのメリットは何といっても、
すべてが自分次第というところ
でしょうか。

有休休暇を取りたい

自分が有給休暇を取りたいとなると、
「おっ、ライバルが減れば
仕事が増えるなあ」
とみんなに喜ばれます。

ライバルが一人減るため、
その人が乗せるはずだったであろう
お客様が誰かに回るため、
仕事が増えます。

その日の限られたお客様を、
1回でも多く乗せるため、
運転手は少ない方がいいのです。

実力がある人は、
そんなの関係なさそうですけどね。

ちなみに、
僕は育児休業を取得しましたが、
その時も喜ばれました(笑)

自分が失敗をしてしまっても

仕事でミスをしてしまった場合、
悪くいえば他人事です。

自分が失敗をしてしまったとき、
「そうか、それは大変だったな」
優しく慰めてもらえます。

他人事で、
自分には迷惑がかからないから、
できるということもあります。

皆経験済み?

ほぼ全員といっていいでしょう。
タクシー運転手は皆同じような
失敗をしています

誰かに、自分がしたミスを話すと、
「ああ、俺もやったことあるよ」
と大概返ってきます。

誰かが失敗してしまっても

誰かが何かに失敗してしまったら、
「そうか、それは大変だったな」
優しく慰めることができます。

やっぱり、
自分も経験していることなので、
共感できるのが良いところです。

仮に経験をしていなくても、
いずれ経験する可能性があることです。
明日は我が身
そう思うと他人ごとではありません。

まとめ

個人プレーとはいうものの、
ライバルであり、
仲間でもある運転手同士です。

ほとんど一人で解決しますが、
悩み事なんかはしっかり相談できます。

個人プレーのデメリット

個人プレーのデメリットも
『個人プレーであること』
だと思うんですが・・・。

売上が低くても・・・

タクシー運転手の個人プレーで、
デメリットを感じるのは
売上ぐらいかなあと思います。

のんびり
のんびり

これぐらいしか思いつかん

チームがあれば、
能力が低くてもカバーされる
とは思いますが、
個人プレーではカバーされません。

売上が低ければ低いままです。

まとめ

うーん。
デメリットという
デメリットが見つからない。

いざというときは管理者と

一人で解決しなきゃいけないなんて。

不安になるかもしれませんが、
法人タクシーなので管理者がいます。

自分一人で対処できないことに
関しては、
一人で抱え込む必要はありません。

いざというときは管理者に頼ります。

のんびり
のんびり

僕は丸投げしちゃった(笑)

仲間同士

タクシー運転手同士、
ライバルではありますが、
仲間でもあります。

世話焼きの人も多いです(笑)

たくさんの修羅場を経験している人も
いますから、頼れる仲間です。

困っていたら助けてもらえますよ。

まとめ

一人で解決できないことは
会社を巻き込めばいいし、
一人で解決できることは
一人で解決します。

会社に迷惑はかけることは合っても、
仲間に迷惑をかけることは
ほとんどありません。

個人プレーは
他人に迷惑が掛かりにくいです。
自分に迷惑が掛からない故に、
他人に優しくできるのかなと思います。

同じ業種で、同じ会社の仲間ですから、
気が合えば仲良くもなれます。

適度な距離感を持てるのも、
個人プレーの良さかなと思います。

良いことばかりですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました