スポンサーリンク

探求心をもってタクシーをもっと面白く

タクシーをやってて面白いことの一つは、
自分が責任者であるということ。

  • 最近稼ぎが落ちた
  • 最近マンネリ気味でつまらない

という方は是非とも見ていただきたい記事です。

無料で相談する【P-CHAN TAXI】

探求心をもって営業を

どんな仕事でもそうですが、慣れてくると毎勤務同じことばかりでつまらなくなってきます。

タクシーも同じようなもので、同じコースを走りがちになってきます。

個性が仕事に反映され、いいことではあるのですが、お客様は運転手の個性に合わせてはくれません。

お客様の流れは時間、時間で変わってきますし、日にちやその日の天気によっても変わります。

お客様の数以上にパターンがありますので、コースは無限大です。

流しだけがタクシーじゃない

タクシーを利用したいと考えている人は都心に限らず、郊外にも存在します。

お客様を郊外へお送りした場合、逆も有り得るということです。

たまには、送った先のエリアを体験してみるのも面白いかもしれません

タクシー利用者はどんな人

  • タクシーをよく利用する人
  • タクシーにたまにしか乗らない、又は初めての人

大きく分けるとこんなところでしょうか。
普通なら、性別や年齢で分けると思いますが、当たり前すぎるので、あえて利用頻度で分けました。

タクシーをよく利用する人(ベテラン)

タクシーをよく利用する人であれば、どこへいけばタクシーが捕まりやすいかを熟知していますし、捕まらなければ、電話やアプリで呼べばいいことを知っています。

そのため、流しで拾う場合は、タクシーを捕まえることができる通りで立っています。

タクシーに慣れていない人(素人)

問題はタクシーに慣れていない人です。

こういった人は神出鬼没です。タクシーはどこでも走っていると勘違いしています。

なんだよ! タクシーが通らないじゃないか!

そんなところに立っててもタクシー通りませんよ(‘ω’)

このような素人が、街から少し離れたところによく出没するんです(特に休日)。
「やっと捕まった・・・」

のんびり
のんびり

電話で呼べばいいのに

たまには周りを攻めてみても面白いと思います。

探求心をもって裏道の開拓

お客様を探すためだけがやることではありません。より良いルートでお客様を送客することもタクシーの仕事です。

「この道を通ったらショートカットになるんじゃないか」

お客様に教えてもらえることも多いですが、すべてではありません。

理想は
できるだけ多くの裏道を熟知すること

使う使わないは別としてね。

裏道を開拓することは、
お客様を最適なルートで送客するだけでなく、

  • 渋滞を避ける
  • 信号を飛ばす
  • 流しで先頭になる
  • いち早くエリアへ戻る

たくさんの効能があります。

自分で開拓するのも楽しいですよ。

開拓に失敗したときはロスタイムになりますが、今後のことを考えればプラスになると思います。

探求心をもってエリアの開拓

お客様の送客先が郊外という場合があると思います。そんな時に、一目散で戻るのではなく、少しとどまってみてはいかがでしょうか。

無線で呼ばれるかもしれません。

郊外の人でもタクシーは使います。そんな時、電話やアプリでの予約が一般的です。

タクシー営業は流しと無線どちらが稼げるのか

無線鳥の先輩たちに、どこで営業しているのか聞いてみるのも手です。

行った先で、街に戻るような仕事がもらえれば、実車で街へ行くことができ、一石二鳥です。

面白さは無限大

固定観念を持つことで、そのことしか見えなくなります。

  • 営業エリアの拡大
  • 流しのパターンを増やす

やり方が増えれば戦略も増えますし、その日の気分で場所を選ぶこともできます。

やることは増えますが、それだけ考えることが増え、日々の業務に張り合いが生まれます。

自分が責任者になるので、誰かの承認を得るなんてまどろっこしいものはありません。

気持ち次第ですぐに実行できます。そんなタクシー運転手の良さを最大限に生かせば、営収も楽しさもついてくると思います。

是非試してみてください。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました