スポンサーリンク

今後のタクシー業界の行く末『コロナがもたらしたもの、オンライン○○』

2019年の大みそかあたりにコロナウィルスの報道がされてから、2020年4月28日現在になっても治まることがありません。

感染の影響は人体だけでなく、経済にも及んでいます。

僕はタクシー運転手として働いていますが、サービス業は壊滅状態を体感しています。

街へ行ってみても人は歩いておらず、閑散としています。タクシーを利用する人も激減。

コロナ騒動が終息したならば、果たして回復するのか不安です。タクシー業界に未来はあるのでしょうか。

今では売上の話題は少なくなり、同僚とは趣味の話で盛り上がっています。

ほとんど不要だった?

各地で緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出を控えるよう通達されました。

そこからというもの、娯楽施設、学校、飲食店、夜のお店等々が営業自粛となり、ほとんど営業していません

当然、外に出歩かないのであれば、タクシーを利用する人も激減しています。

どこかへ遊びに行く人、夜に飲み歩く人がいなくなるのは分かるんですが・・・。

病院へ行く人、ビジネスマンの出張や営業も激減しています。

なんで?

今まで必要だから通ってたんじゃないの?

病院通いは不要だった?

今でも本当に必要な人は病院へ通っています。車がない方はタクシーを使います。

タクシーの売上で病院関係は結構な割合を占めていました。

僕の場合は夕方までの売上の7割ぐらいが病院関係です。

それが今では、ほとんどありません。

一体どういうこと?

暇つぶしの病院通い

理由は簡単で、ただ単に不要な病院通いが多かったということです。

感染するリスクをおかしてまで通うほどではない。

ただ、そういう人が僕らの稼ぎになっているのも事実なので否定するつもりはありません。

とはいっても

コロナが終息すれば、不必要な病院通いは再開されそうですね。

オンライン診療だと?

問診を受けるだけ、薬をもらうだけならわざわざ通院しなくてもよさそうな気がします。

病院に行くことで病気をもらう可能性もありますし。

最近では薬は近所の薬局で処方されます。

オンラインで受診できるようになれば、待ち時間3時間、診療3分なんてこともなくなりそうです。

出勤、出張、会議は不要だった?

ビジネスマンのタクシー利用はかなりのものです。わざわざ県外からやってくる方もいます。

新幹線で来る方もいれば飛行機で来る方もいます。

「えっ?そこからタクシーで来るの?」

「帰るときもタクシー?空港まで?」

「やっほーい!」

その人たちも自粛されています。

それでも一応成り立っているわけですから、本来やらなくてもよかったかもしれません。

WEB会議だと?

WEB会議で済ませることができてしまえば、わざわざ移動時間をかけてまで赴く必要がなく、時間の節約になります。

やっぱり出張は不要だったのか。

営業に関して、直接お会いしなければ成り立たないのではないでしょうか。

不必要に会うことはなくなるかもしれません。

在宅勤務だと?

出勤せず、自宅で仕事をすることを在宅勤務といいます。

仕事といえば職場に出勤して仕事をすることが当たり前でしたが、緊急事態宣言を機に可能であれば在宅勤務が主流となりつつあります。

今の技術を使えば、仕事はオンラインでできてしまいそうです。

オンライン飲み会だと?

僕が学生時代にハンゲームというオンラインゲームサイトがあって、すでにオンライン飲み会のようなことはありました。その時はチャットでした。

今回のコロナ騒動で表向きになりましたね。

表情を見ながらできるとなるとさらに楽しくなりそうです。

今ではラジオ番組の企画でもオンライン飲み会やっていますから、これから流行っていきそうです。

家にいながらみんなとお酒をかわせる。帰りのこと心配しなくてよくなります。

オンラインキャバクラ

Twitterを見ているとオンラインキャバクラなんてあるとか。

これなら個人でできるし、店にマージン取られることはなく、個人情報の管理さえしっかりしていれば、ストーカー被害にあうこともない。

お店で働くよりもリスクがなくて流行りそうですね。

結果

あれ?今まで飲み会してたけど、家で飲めばよくね?

酒もつまみも安いし。それに、ばか食いするやつの分負担しなくて済むし。終電気にしなくていいし。

あれ?わざわざ本社に行かなくてもよくね?

移動時間減るし。

あれ?いちいち会社に出社しなくてもよくね?

寝てられるし。

あれ?自分で店ひらけるんじゃね?

WEBカメラとパソコンだけでできるし。

うーむ・・・。

非常にまずい。

オンライン○○いいことづくめです。

とはいうものの・・・。

オンライン○○が流行るといっても、やはり人間。

人と人とが触れ合うことも大切なことも知っています。

時には濃厚接触が必要になります。

外に出て飲みに行ったり、現地に赴いて営業をしたりしないことには気持ちを汲み取ることができません。

どうしてもタクシーが必要な事柄はたくさんあります。

故に廃れることはないと思います。

とはいうものの・・・。

人との付き合いよりも効率だ!ということで、少なからずオンラインでの作業が今後増えていくでしょう。

タクシーの仕事が減っていきそうです。

小さなタクシー会社は存続の危機にさらされ、質の高いタクシー運転手が生き残っていくのかなと思います。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました