スポンサーリンク

【子供教育】親ばかでもいいじゃない!

この記事は、

を読んでの僕の意見と感想を書いています。

本書は視覚障害のお子さんを持つ辻井いつ子さんと息子さんのお話。

障害を持った子を産んでしまったことで自分を責めてしまいます。

しかし、あるきっかけで視覚障害という欠点が才能に変わりました。

あるきっかけとは、2才3ヶ月の息子さんがまだ言葉も発せられない子が、おもちゃのピアノでメロディを奏でたそうなのです。

これを見た辻井さんは「天才!」と思ったようです。なかなか自分の子供を天才と思えないですよね。

どうしても謙遜が入ってしまうところ。

ちょうどこの記事を書いている2020年3月、娘は同じ2才3ヶ月です。

言葉は結構話せますがピアノはたたくだけです。

そう思うと確かにすごい。

旦那さんは成長に安堵していたそうで、特に気に留めなかったとか。見方によって色々あるんだなと思いました。

ここで辻井さんが息子さんの才能に気づけたか気づけなかったかで彼の人生が変わっていたと思うと面白いですね。

よく観察すること

「毎日一緒に過ごしているんだから自分の子供のことは自分が一番知っている」

でも、手がかかる子供ほど悪いところしか見ていないのが現状です。

「うちの子のいいところが分からない」

とか。

はたして本当にそうでしょうか?

僕もそうなのですが、人の悪いところってすぐ見つけられますよね。

逆に人のいいところを探すのって・・・。探す言葉を使うぐらいだから、やっぱり難しいかもしれませんね。

加えて、周りの子供と比べてしまいがち。こればかりは基準が分からないので仕方のないことではありますが。

自分のお子さんのいいところ10個以上言えますか?

子どもは純粋ですからね、必ずあるはずです。

うちの娘のいいところって何だろう?

  • 覚えがはやい
  • ママ大好き一途
  • 興味津々で自分でやってみたがる
  • 人見知りだけど、知らない人がいても泣かない
  • 人見知りだけど、手は振る、タッチもする
  • 保育士のまねっ子が上手
  • 優しい
  • 甘え上手
  • 駆け引きがすごい
  • 約束したら守る

適当に思いつくまま上げてみました。中には大したことないものもありますね。なんでもいいと思います。

10個上げられなかった方、謙遜しすぎていませんか?

子どもいいところって表裏一体です。

自分が見るとダメなところに見えても、他の人から見ると羨ましかったりしますよ。

例えば、元気のいい子。

「元気が良くていいですね」

と褒めたつもりで言ったのですが、

「いうこと聞かなくて・・・」

なんて言葉が返ってきます。

自分の価値観だけでなく、いろんな人の価値観を取り入れると違った見方ができるかもしれません。

見方を変えて観察すると自分の子供のいいところが見えてきます。

思い浮かんだら即行動

単純な感想ですが、すごいなと思いました。諸突猛進の人を見ているとこちらまで勇気が湧いてきます。

著名人の方に臆せずコンタクトを取る行動力。確かに自分から行動を起こさない限り、話す機会なんてありませんから必要なことですよね。

普通ならしり込みしてしまうところ、どんどんアクションを起こしています。

そのおかげで色々なめぐり逢いがありました。

強く求めて行動するとひょんなことで繋がっていきます。きっかけが現れたり。不思議です。

モンスターペアレントのようになるとだめでしょうけど。

子供の才能が開花するのも親次第

思ったのが、子供の成長を促すのも止めるのも親次第なのかなと思います。

過度に期待したり、期待通りにいかないと落ち込んだり。自分の子には無理と決めつけたり、大人の常識にとらわれすぎていたり。

辻井さんはそんなことありませんでした。お子さんの為になると思ったことはすすんでしてあげています。しかし、選ぶのは息子さんです。押し付けたりはしません

仮に失敗したとしても落胆するのではなく、しっかり受け止めてあげる。

成功すれば目一杯褒めてあげる。

すごく大事なことだと思いました。

自慢話が長い

親ばかがテーマですからね。自分の子供がいかにすごいかというのを語りたくなる気持ちは分かります。

のんびり
のんびり

娘が通ってる保育園にもいます。話が長い人。

成功エピソードを入れて話しているから仕方ないんだけど(笑)

とはいえ、その長いエピソードの中にどのようにして育てたかがびっしり詰まっているので参考になります。

こういう考え方もあるんだなあと。

過去の絶望と、今の成功について書かれていて、その過程でうまくいかなかったことが書いてあったらちゃんと読めたなあ(笑)

後半飽きてきました(笑)

読んだからといって特に変わらない(笑)

なぜって?

大変だから。

うちはのんびり行きますわ。

うちはうち、よそはよそですね(笑)

もちろん考え方や接し方はものすごく素晴らしいので参考にさせていただきます。

まとめ

著者の辻井いつ子さんの絶望から希望へ変わる様

お子さん為にしてあげたこと、気を付けたこと、子供を見る観察力どれも参考になります。

他人の成功の話を永遠と聞くのが苦痛のように、長いので面倒ですね(笑)

誤解の内容に言っておきますが、参考にはなりますからね!

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
子育てタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました