スポンサーリンク

未経験の方は大手のタクシー会社の選んだ方が無難な理由

全国にタクシー会社は何社あるのでしょう? 

答えは

6,147社
(平成29年国土交通省調べ)

タクシー会社が
ありすぎてどの会社に
すればいいか分からない。

なんて意見があると思います。

タクシー会社は
当たり外れが大きいため、
当たれば天国、外れれば地獄。

大手だから
天国というわけではないのですが、
仮に外れだったとしても、
収入に関して救いがありますので
無難とさせていただきます。

僕がこのパターンに当てはまりましたので。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

【P-CHAN TAXI】

大手がいい理由6選

 僕のおすすめは大手を選ぶことです。なぜなら、

  • 台数が多く知名度が高い
  • 顧客が多い(チケット利用が多い)
  • 小さな会社を避け、大手のタクシーに乗るお客様がいる
  • 専用乗り場が設けてある
  • 決済方法が豊富
  • 車内設備が充実している

台数が多く知名度が高い

台数が多いということは
ライバルも多いということになりますが、

知名度が高くお客様の数も多いです。

地域別に
タクシーを呼ぶなら○○タクシーという
評判があり、電話やアプリでの配車で
大手を選ぶお客様が多いためです。

混雑時、他の会社だと断られたけど、大手は来てくれたよ。

台数が多いからなせる業ですね。

混雑時でもある程度都合が
付けられるのが大手の強みです。

知ってる人は、
はじめから大手にかけてくれます。

顧客が多い(チケット利用が多い)

上記の話と少し話が似ていますが、

タクシーチケットというものを
ご存じでしょうか? 

【タクシーチケット】
支払方法の一つ。
チケットにタクシー料金を
記入することで支払いが完了する
魔法のチケット。後日、
タクシー会社より契約者へ請求が行きます。

法人が契約していることがほとんどで、
取引先との接待で使われることが多いです。

接待するのに電車で来てもらうのは
恰好悪いですから、ご自宅から接待される場所まで
タクシーで来ていただくという形が主流です。

市外や県外からご利用いただくことが多く、
1万円以上の高額料金乗っていただける場合が
結構あります。

タクシーチケット利用が多いということは、
それだけ売上も上がるということですね。

小さな会社を避け、大手のタクシーに乗るお客様がいる

街中を走っているとき、
前に小さな会社のタクシーがいたのですが、
お客様はそのタクシーを無視して
僕のところへやってきました。

「前のタクシー会社は
態度が悪いから絶対乗らないの」
「私はお宅のファンなの」

小さな会社は緩い社風で、
質の悪い運転手が大手に比べて
多いことがあります。

嫌な思いをしたお客様が
そういう会社を避け、
大手を選ぶこともよくある話です

自分がいくら良い接客を心がけていても、
会社のイメージ
避けられてしまうことがあります。

専用乗り場がある

専用乗り場というのは、
会社の縄張りのようなものです。
駅やホテル、病院などにあります。
契約しているタクシー以外は入れません。

こういった乗り場はお客様が相当数いて、
場所によっては長距離を狙える乗り場もあります。

以前、
病院から300kmの距離移動する方が
僕のタクシーに乗られました。
料金は約10万円。

そんなおいしい思いもあるのが
専用乗り場です。

決済方法が豊富

最近、
色々な決済方法が増えてきましたね。

大きな会社はそれなりにお金があるので、
そういった決済機器を導入していけますが、
小さな会社は導入ができません。

paypayで支払いたかったのに、対応していなくて仕方なく現金で払ったよ。

こんな経験された方もいらっしゃると思います。

最先端をいくお客様の確保も
これから増えてきますので、
決済方法の豊富さが必要です。

車内の設備が充実している

快適にご乗車していただこうと、
社内の設備にも力を入れています。

プラズマクラスターを導入したり、
外国人のお客様も増えましたので、
翻訳機能付きのモニターを設置したり。

設備投資の充実も大手ならではですね。

今時ETCが付いていない会社もあると
知った時は驚きました。

まとめ

大手は色々な面で厳しいところがあります。
特に教育面。

ここで鍛えておいて、
会社が合わないなと思ったら
別の会社に移ればいいと思っています。

僕の場合、始めは大手に就職し、
今は小さな会社で勤めています。

いきなり小さな会社はギャンブルです。

下調べをしないで、
とんでもない会社に入ってしまったなんて
話をききます。

大手でタクシー業界のことを知り、
情報収集した上で小さな会社に入ることが
失敗しない会社選びになると思います。

失敗しない会社選びを
していただき、いいタクシー人生を
送ることができれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー運転手になりたい
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました