スポンサーリンク

男のタクシー運転手も育休を取得すべき理由

僕は現在1児の父で育児休業(以下:育休)を10ヶ月取得しました。2人目が生まれても育休を取得する予定です。

この記事では育休を取るすばらしさを語っていきます。

とはいうものの、簡単に取ることができれば苦労はしません。

少なくともタクシー運転手は育休を取得するべきだと思っています。

タクシー運転手は育休を取りやすい理由4選

なぜ、タクシー運転手は育休を取得しやすいのでしょうか。

  1. 迷惑がかかるのは会社だけ
  2. 復帰は容易
  3. 安定した収入になる
  4. 査定期間にいつもより頑張れば収入は変わらない(限度額はある)

迷惑がかかるのは会社だけ

普通の企業であればチームで仕事するため、1人が休みに入ると他の人がその人の分をカバーしなくてはなりません。

タクシーは個人プレーのため休もうが関係ありません。むしろ休んでもらったほうがライバルが減るため歓迎されます。

1台当たりの売上が減るので会社には迷惑が掛かりますが、気にする必要はないでしょう。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

復帰は容易

長期休みを取るわけですから、多少なりとも運転の技術は落ちるし、道も忘れます。

新人の頃を思い出してください。

初めてタクシーを運転しても何とかなりましたよね。まだ、タクシーを運転したことがない人でも久しぶりに運転する感覚に似ています。

勘を取り戻すためにいつも以上の慎重な運転を心がけていればすぐです。

道もすぐに思い出します。

安定した収入になる

育休を取ると給料が大分減ると思われがちですが、そんなことはありません。

半年間は普段の手取りの8割程度もらえます

詳しくは知らなきゃ損する育児休業給付金について簡潔に解説しますを参照してください。

査定期間に頑張れば収入が増える

あまり残業できなくなってきた現在。

タクシー運転手はむしろ残業、休日出勤をしてくれと会社から言われます。

普段残業しない、休日出勤をしない人にとっては朗報です。

育休中の給付金の額は査定があります。

取得前の給料6ヶ月の平均(残業、休日出勤、その他手当含む)した額を基に計算されます。

詳しくは知らなきゃ損する育児休業給付金について簡潔に解説します参照してください。

給料明細の額面で計算されるので、出来る限り増やせばそれだけ給付金の額が増額されます(限度あり)。

働きすぎて奥さんを一人にしては本末転倒なので、相談の上実施したほうが良いでしょう。

男が育休を取得すべき理由5選

僕は男も育休を取得すべきだと思っています。

  1. 夫婦で協力することは山ほどある
  2. 育児の大変さを理解できる
  3. それでも子供はかわいい
  4. 子供の成長に立ち会える
  5. 育児スキルがないとただお金を稼ぐ人になってしまうかも

夫婦で協力することが山ほどある

タクシー運転手は1日家にいないことが約半月あります。

1日奥さんに1人で育児をさせることがどれだけ負担がかかるか。ただでさえ1人で不安なのに。

大変な育児、奥さんを休ませてあげることも育児の1つです。

育児の大変さが分かる

体験してみてわかりましたが、

子供はあまり寝ない

1日体験ならそれほど大変ではありませんが、毎日ですからね。

夜もあまり寝ないんです。ということは奥さんもあまり眠れていません。

寝不足だけでも大変なんです。

是非、育休を取って助けてあげてください。

それでも子供はかわいい。奥さんも可愛い

2人で子育てしてもきついです。

1人でやると余裕がなくなりますが、2人でやれば余裕が生まれます。

そんな時、やっぱり子供がかわいく見えるんですね。奥さんも可愛く見えます。

余裕があってこそ、そういう心の余裕が生まれます。奥さんに余裕がないと、旦那は邪魔な存在になりかねません。

「旦那は元気で留守がいい」

なんていわれるのも分かる気がします。

協力していれば恐らくそんなことは起きません。育児スキルが向上するので頼られますし、優しくなります。

子供の成長に立ち会える

子供なんてあっという間に成長しますからね。

1日見ないだけで、色々できるようになっています。そんな時2人で共有できれば喜びが倍増です。

将来も奥さんと仲良くやれる

運転手同士の会話で耳にするのが、家に居づらいということ。

育児を丸投げしていれば憎しみが貯まりますので当然のこと。

子育てを一緒にすることで、苦労も喜びも共有ができるので仲は深まると思います。

まとめ

育休を取ることで損をすることもありますが、得るものに比べればカスみたいなもんです。

最低でも半年は取りたいところです。

半年が過ぎると給付金が減るので、家庭の経済状況で判断です。

僕は、絶対に育休を取得することをおすすめします。

育休は国に与えられた権利です。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー 子育てタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました