スポンサーリンク

知らなきゃ損する育児休業給付金について簡潔に解説します

育児休業(以下:育休)を取得すると、その期間は国から手当てという形でお金がもらえます。

実際どれだけもらえるのか気になると思います。

この記事では、育児休業給付金

育児休業給付金を受給するためには育児休業を取得する必要がありますので、まずは 【関連記事】育児・介護休業法について を読んでいただけたらと思います。

この記事では、僕が育休を取得してみて必要だと思った項目簡潔に解説します。詳細が知りたい方は、追記の見出しにリンクを貼っておくのでご覧ください。

育児休業給付金とは

 雇用保険法第61条にて定められているものです。

要するに

育児休業を取得した場合、国から給付金が出ますよということ

受給資格

育児休業を取得していればだれでももらえるんじゃないの?

育児休業給付金をもらえない人

  • 育児休業後復帰する予定がない
  • 育児休業開始日前の2年間に賃金支払基礎日数が11日以上ある月が12ヶ月未満
  • 育児休業給付金の額の80%以上の収入が別にある

育児休業給付金が減額される人

  • 育児休業給付金の額の80%未満の収入が別にある方

育児休業給付金の額にその収入分を差し引いた分が給付金額になります。

申請方法

えっ!? 自分で申請するの!?

 基本的には会社が行います。

「育児休業を取ります」

と申請して、後は会社に丸投げしてください。国に提出する書類があるので記入は必要です。

育児休業の実績がない会社は色々と不手際があるかもしれないので、気を付けなければなりません。

自分の会社が育児休業を取ったことをあるか知っておいた方が良いかもね。

育児休業給付金の支給額

正社員で働いていて雇用保険を払っていれば大抵の人は大丈夫。一番知りたいのは支給額だよ!

計算式はありますが、この記事は簡潔をモットーにしていますので、詳しい説明は省略します。

育児休業前の給料総支給額の6ヶ月平均に67%か50%をかければ大体の数字が出ます。

育児休業開始半年間は67%、残り半年は50%

月の日数で多少の増減はありますが、大した額ではありません。

女性の場合は産前、産後休業に入る前の給料総支給額の6ヶ月平均ですね。

ただし、上限額と下限額があります。

  • 上限額:454,200円
  • 下限額:75,000円

育児休業給付金は毎月払われるわけではなく、2ヶ月ごとに支払われますので注意が必要です。

延長申請とは

  【関連記事】育児・介護休業法について でも解説しましたが、保育園に入園できなくて待機児童になってしまった等の事由が生じた場合は延長ができます。

その場合は事業所又は国へ申請が必要です。

育児休業給付金は非課税、社会保険免除

育休を取っても支給額が少ないから取る価値は微妙だね。

そうとも限らないんです。確かに支給額だけ見ると収入が大分減ってしまい、生活が成り立つかどうか心配です。

しかし、育児休業給付金は非課税社会保険の支払いが免除されます。

のんびり
のんびり

支給額に税金はかかりません。

給料の総支給が30万円の場合、手取り額は大体25万円ぐらいです。

総支給額が30万円の場合、育児休業給付金にすると開始半年間は20万円ぐらい。

のんびり
のんびり

大体手取りの80%ぐらいもらえますね。

5万円は大きいかもしれませんが、夫婦で育児休業を取得すればそこまで厳しい生活になるわけではありませんね。

のんびり
のんびり

共働きではないと1年取得するのは厳しいですね。

そして、2019年から幼児保育無償化が実施されました

乳幼児は有償ではありますが、育児休業を取得する時期によっては乳幼児の保育料が低額になる、又は無料になります。

なぜなら保育料は課税に応じて決まるからです。

育児休業給付金は非課税です。すなわち0円。

共働きの場合、保育料は月5万円程度になります。

これが無料になるということは年間60万円ぐらいが浮く計算になります。

僕はこれをボーナスと解釈しました。

ただし、大抵の会社はボーナスの支給に影響があるので一概にお得とはいえませんけど・・・。

大企業はボーナスも支給されるかもしれません。育休中も給料がでるところがあるとか。

この件は何ともいえませんが、勤めている会社の総務部に問い合わせたほうがいいですね。

住民税の支払いはある

 育児休業給付金は非課税といいましたが、

 住民税は

前年度の給料をベースに計算するので、前年度分の住民税は今年支払わなければなりません。

翌年の住民税は取った時期により少なくなる、又は支払わなくてもよくなる場合があります。

不正に受給した場合

 本来、育児休業給付を受けることができないにもかかわらず、不正な手段により育児休業給付の支給を受け、または受けようとした場合(実際に受けたか否かは問いません)は、不正受給の処分を受けることになります。

不正受給した金額の3倍の金額を納めなければならず、支払いを怠った場合、財産の差し押さえが行われる場合があります。

また、事業主が虚偽の支給申請書等を提出した場合は、事業主に対して本人と連帯して処分等を受けることになります。

ちょっとした裏技(おすすめはしない)

 あまり褒められたやり方ではありませんが、育児休業給付金の受給額を増やすことができます。

育児休業給付金は給料明細の額面、すなわち総支給で計算されるので、休日出勤や残業をすればそれだけもらえる額は増えます。

男性の場合は育休取得日の6ヵ月前から残業とか休日出勤すれば給料が増えて給付金が増えるね。

そういうことですね。一般企業の場合はあからさまになるので、周りからはいい目で見られないかなと思います。

育休を取るからそれまでは皆を手伝うスタンスがいいね!

ただ、

奥さんはお腹が大きくなって日常生活が大変になっています。給付金のために残業をしたり休日出勤をするのはいかがなものかと思います。

僕は給付金増額よりも、奥さんをサポートすべきと考えています。

タクシー運転手の場合

 タクシー運転手は基本的には隔日勤務であり、1日は仕事していて次の日に非番という形になります。仕事が終わって帰っても奥さんは寝ていますね。

そのため、少しでも多く稼いだ方がいいです。

ただし、残業のし過ぎで朝遅く起きてしまうのはご法度です。

タクシー運転手は自腹を切れば売上を増やせるよね。

確かに売上を増やすことができますが、計算してみたらかなりの損失だったのでやらない方がいいです。

まとめ

 育児休業給付金では確かに収入が減るかもしれませんが、1年間計算すると大体給料の60%の収入になります。

夫婦共働きの場合、夫婦で取得すれば支給額は30~40万円ぐらいでしょうか。十分に暮らしていけると思います。

それに加え、子供手当等も支給されますので、それほど苦しい生活になるというわけではありません。

実際僕は夫婦で取りましたが、経済的に苦しいと感じたことはありません。住宅ローンも組めましたし。

共働きではない場合でも、1年は厳しいかもしれませんが、生まれてから1ヶ月だけでも取得すると奥さんは助かるのではないでしょうか。

追記

細かく書いても分かりにくいだけなので結構省きましたが、詳しく知りたい方は厚生労働省の育児休業給付について育児休業や介護休業する方を経済的に支援しますをご覧ください。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー 子育てタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました