スポンサーリンク

新人はどっちを優先?『売上』か『道』か

タクシー運転手という職業は、
やろうと思えば初年度から売上トップを
狙えます。

新人のくせに売上が多いと
先輩から目を付けられ、
「そんなに頑張るとつぶれるぞ」
といわれることがあるそうです。

残念ながら、
僕は言われたことありません(笑)

「もっと粘ったほうがいいぞ」
といわれ続けていました。

加えて、
「売上よりもまずは道を覚えろ」
そんなことをいわれるらしいです。

果たして、新人タクシー運転手は
売上を優先するべきか、それとも
道を覚えることを優先するべきか

どちらが大切でしょうか?

僕なりの意見ですが、まとめてみました。
新人の方は良かったら参考にしてみてください。

頑張ってる人に対して、
水を差すようなアドバイスをしてくる先輩は
はっきり言って、

のんびり
のんびり

しょうもなっ!

【P-CHAN TAXI】

好きにやればいいよ

ちなみに僕は、
残業は絶対したくない派で、

『定時内で、
どれだけ効率よく売上を上げられるか』
が、大事でした。

タクシー運転手の利点って、
自分の好きにやることだと思うんです。

新人だからと、
誰かに言われたように
仕事をこなすことになった時点で、
自分の好きにやるという利点が
無くなってしまいます。

それって、
なんか違いませんか?

だから結論は、
好きにやればいい
です。

もちろん、
先輩のアドバイスを聞くこと自体は
何の問題もありません。

先輩のアドバイスを参考に、
自分の思うようにやってみる

売上をあげるもよし、
道を覚えるもよし。

特に、入社数ヶ月は
会社から保証給がありますので、
独り立ちするときに、
どうしたら自分のプラスになるかを
考えながらやるのが良いですね。

のんびりの意見

僕の意見としては売上優先の方
良いかなと思っています。

なぜなら、
緊張感を持った方が記憶に残る
からです。

道を覚えるために空車で走るよりも、
お客様を乗せて走ったほうが
緊張感が出てきて、印象に残って
道を覚えやすくなります。

売上を優先することは
お客様を乗せる回数を増やすことですから、
それだけ道を覚えやすいということです。

故に、
僕は売上優先で仕事をしたほうが
一挙両得だと思います。

いうことを聞かなかった

僕は今、2社目で地方に移りました。

待機営業が主力で、
保証給があるうちは
主要駅だけでやるようにといわれていました。

のんびり
のんびり

全無視です。

  • 待機場所ごとのデータを取りたかった
  • 練習がてらいろんなところを試したかった
  • そもそも、いいなりになりたくなかった

経験者という自負がありましたから、
保証給では少ないので、さっさと
稼ぎたかったのです。

おかげで地方でもすぐ慣れることができました。

流しでも同様、
始めは手探りだと思いますが、
売上を目指しつつ、
地道に色んなデータを取っていくこと
成長の近道かなと思います。

【P-CHAN TAXI】

保証給はあくまで保証

入社数ヶ月は、
売上のノルマを達成できなくても、
達成した体で給料の額が保証されています。

だからといって、
売上のノルマを達成しては
いけないわけではありません。

できるのであれば、
達成して、しっかりとした給料を
貰っても構いません。

売上優先はつぶれる?

「最初から飛ばすとつぶれるぞ」
言っていることは間違ってはいないと思いますが、
正解とも思えません。

確かに、
タクシー運転手の1日の業務時間は
ほぼ1日なので長いです。

慣れないうちから飛ばすと、
つぶれる可能性はあります。

でも、
そんなことは自分の体と相談しながら
やればいいだけの話です。

のんびり
のんびり

無理は良くないですよ。

「飛ばすとつぶれるよ」
まともな先輩なら
そんなことは言いません。
冗談で言うことはありますが(笑)

ライバルが増えることを恐れているのかなと
僕は勝手に解釈しています。

色んな先輩に聞いてみるといいでしょう。
恐らくみんな言うこと違いますよ(笑)

売上を上げることの効能

売上 = お客様を乗せた距離

お客様を乗せた場合と、
空車の場合の経験値は雲泥の差です。

先ほども触れましたが、
緊張感をもつことは
印象が全然違います。

  • 接客
  • 道の記憶
  • お客様を乗せた時の運転
  • 支払いなどの機械操作
  • 安全運転の技術
  • 流しのやり方
  • データ集め
  • お客様のプレッシャーに慣れる
  • メンタルを鍛える

お客様を乗せることは
空車では経験できなことが
山ほどあります。

売上が高い = 高い経験値

売上優先は
より早く成長できるでしょう。

僕は売上の為に、
道もろくに知らないまま
繁華街へ入っていきました。

売上や道より大事なこと

ただし、
一番大事なことは、
売上でも道を覚えることでもありません。

一番大事なこと

安全運転を覚えることです。

タクシー運転手の退職理由の一つに
『事故』
があります。

事故は入社1年目の新人に多く、
事故を理由に退職していった人たちを
たくさん見てきました。

  • 事故を起こして自信がなくなった
  • 事故を起こして怖くなってしまった

タクシー運転手が事故を起こさないのは
ただ運がいいだけです。
決して自分の運転が上手いからではありません。

少しでも事故を起こさないように
安全運転技術を高めることを優先してください。

二番目に大事なこと

体です。

「飛ばすとつぶれるぞ」
という言葉、あながち間違いではありません。

ただ、外野から言ってくるこの言葉は
あなたのことを心配してではなく、
ライバルの出現を恐れてのことな
気がします。

①安全運転の技術を高め、
②体と相談をし、
③売上を伸ばし、
④道や接客、その他を覚えていく。

この順番が理想かなと
僕は思っています。

まとめ

「飛ばすとつぶれるぞ」
「売上より道を覚えろ」

間違いではありませんが、
うるせえ!って思いますね。

『自分の好きなようにやる』

これがタクシーの醍醐味です。

ただし、事故は禁物です。
そして、体が資産となりますので、
心と体と相談しながら決めてください。

それさえできれば
他人の意見に惑わされる必要は全くありません。

好きにやりましょう!

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました