スポンサーリンク

タクシーで起こりうる犯罪と対処法

タクシーを乗務していて、いろんな事件に巻き込まれた方も多いと思います。

ただ我慢をするだけでは精神的にきついです。

この記事では、タクシーで起こりうる犯罪を取り上げます。

「こんなことあったけど警察に通報していいか分からない」

というのを解消するのが目的です。

警察に通報できるという選択肢を増やすことで、少しでも安心して業務ができればと思います。

警察に通報するしないの判断基準にしてください。

僕は法律の専門家ではありません。記載していることが間違っている可能性があります。詳しくは弁護士等にお問い合わせください。

暴行罪・傷害罪

暴行罪とは、

『人の身体に対し不法に有形力を行使すること』

故意かどうかも重要だそうです。

のんびり
のんびり

有形力ってなんやねん!

よくわからないので具体例を。

  • 髪の毛を引っ張る、切る
  • 着衣を強く引っ張った
  • 胸ぐらをつかんだ
  • 液体をかけた(唾やお茶等)
  • 狭い室内で騒音を出した
  • 煽り運転
  • 驚かす(寸止め等)

等々。殴らなくても暴行罪に該当する可能性があるようです。

怪我をしたら傷害罪となるようです。

  • 傷・あざができる
  • 皮膚がすりむける
  • 毛髪が抜ける
  • 爪がはがれる
  • めまい・嘔吐・中毒症状・病原菌

新型コロナウィルスを感染させたと思われる男が刑事事件として捜査されていました。

  • 内出血させる

キスマークを付けることも傷害になるとか・・・。

詐欺

無賃乗車などの有償で提供されるサービスに対し、現金等支払えるものを持たずに受けること。

乗り逃げされたとよく聞きますが、詐欺事件に該当しそうです。

「お金がないから家に取りに行く」

とか言ってきた場合は、他の貴重品を預かりましょう。

よっぽどですけどね。

逃げる気がある奴は人気がないところとか、自宅から遠い場所に止める可能性が大きいです。

入口と出口が合わせて2か所以上あるものは要注意。

こちらもよく聞く話です。

コンビニでお金を降ろしてくるからと、タクシーを降りてお金を降ろしに行く振りをします。

運転手は油断してスマホなんか見ていると、違う出口から出ていかれ、無賃乗車となるケースがよくあります。

お金を持っているけど・・・。

現金等持っていても支払いを拒否するアホもいます。埒があかない場合は警察を呼び、メーターを入れたまま対応しましょう。

警察からメーターを切ってと言われても切る必要はありません。なぜメーターを切らないのかしっかり事情を説明したほうがいいとは思いますが。

実際に無賃乗車で警察を呼んだ時の話を下記リンクに貼りました。よかったらご覧ください。

タクシーのむかつく客、無賃乗車編その2 警察は優しい

強要・脅迫

強要とは、

『生命、身体、自由、名誉、財産に対し害を加える旨を告知して脅迫し、又は暴行を用いて、人に義務のないことを行わせ、又は権利の行使を妨害した場合に成立する』

未遂でも成立する可能性があるようです。

ややこしいですね。

具体例として、

  • 本人、本人以外に親や子供を殺すぞなどと脅す
  • 殴るぞと暴行のそぶりを見せる
  • 職場にばらすぞと脅す

脅して何かをさせようとしたら強要か脅迫に該当する可能性があります。

クレーム入れるぞと脅すのも脅迫・強要の可能性ありです。ひどいものは警察に通報しましょう。

強盗

強盗罪とは、

『暴行、脅迫を用いて他人の財物を強取する』

物やお金を脅されて取られたら強盗になる可能性があるということですね。

タクシー運転手を脅して料金を支払わない場合も強盗になる可能性ありです。

通報も大事だが

身の危険を感じたら通報する以前にまず逃げて(笑)逃げる前に危険を知らせることを忘れずに!

痴漢

女性の場合、不必要に触られれば痴漢になる可能性がありますね。

運転手に触れる機会なんて支払い時にしかないので、その時以外に触られれば痴漢として見ていいかもしれません。

支払い時に手を握ってくるとかも痴漢として見ていいかもしれませんね。

その他

大声で怒鳴るのは威力業務妨害になる可能性があるし、車内で暴れても同様。

クレーマーが車内に居座れば不退去罪の可能性があります。

判断が難しいと思うので、度を超したら警察を呼んで対処してもらいましょう。

注意事項

警察に通報するとしても証拠を残しておきたいものです。

何かしらのやり取りは出来る限り車内カメラ、又はドライブレコーダーに映るようにしましょう。

被害に合ったら

通報は基本110番でいいと思います。僕は2度ほど警察のお世話になりました。

手順

  1. 110番通報する
  2. 事件か事故かを伝える
  3. 状況を説明し、助けてほしい旨を伝える
  4. 警察が到着するまで待つ
  5. 警察が到着したら指示に従う
  6. 被害届を出すか出さないか決める

警察を呼んだからとその場で解決するという保証はありません。

そのため、呼ぶか呼ばないかの判断は運転手にゆだねられます。

まとめ

通報したからと実際はどうなるか分かりません(無責任ですみません)。

ただ、自分に非がないのに迷惑をかけられることは売上にかかわりますし、メンタルに響いてきます。

非常識な糞野郎は懲らしめていただきたいと思っています。

所詮他人ですからね。客だからと我慢して気を使う必要はないと考えています。

この知識があるかないかで、警察に通報するという選択肢ができ、少しばかり業務が楽になるのではないでしょうか。

僕は度を超したり、腹が立つような奴なら通報しようと思っています。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました