スポンサーリンク

タクシー会社はブラック体質?

僕のブログでは散々タクシー運転手を勧めているのですが、残念ながらブラック企業なタクシー会社が存在するのも事実です。

僕が初めてタクシー運転手になった会社は半ブラック企業でした。

大手だったこともあり、大っぴらなことはせずとも、

  • 休日出勤の強制
  • 売上が低ければ叱責
  • 有休をとるのに苦労する
  • 事故を起こせば叱責+居残り
  • 問題を起こせば叱責+居残り

本物のブラック企業に比べれば大したことはないかもしれませんが、これだけでも充分なブラック体質だと思われます。

休日出勤の強制

表では休日出勤は断れるとうたっているのに、実際は断ろうものならネチネチネチネチ言われます。

やりたい社員は別として、やりたくないほとんどの社員が断り切れずにやっています。

協力といいながら、休日出勤のノルマが達成できなかったり、早く帰ってこようものなら再びネチネチネチネチ言われます。

売上が低ければ叱責

正直馬○なのかといいたいくらいです。

事故を起こすなといっているくせに、売上が低いと叱責が飛びます。ネチネチネチネチ。

ネチネチネチネチ言われるのが嫌なので、多数の社員は売上を上げようと焦って運転することがよくあります。

売上ができなければ無理をして長時間労働をしてしまう社員もたくさんいます。

長時間労働で注意力が散漫になり、事故が絶えません。

聞いた話では、売上ができずに自殺してしまった方もいるとか。

毎年鬱になって休業する方もいます。

有休をとることに苦労する

事業所単位で競わされているのでしょうか。

管理者は売り上げを減らしたくないばかりに、有休をとろうとする者へ対して、嫌がらせとはいかないまでもネチネチといってきます。

病欠しようものならこれまたネチネチ。お大事にの一言もありません。

僕がその会社を辞めるとき、有給消化をしようとしたとき、結構もめました。

強い意志をもって取りましたけどね(笑)

事故・問題を起こせば叱責

売上がなければ厳しく叱責して焦らせたり、長時間労働をさせる癖に事故をすると怒号が飛びます。

  • 事故を起こすな
  • クレームはもらうな
  • 売上は最大限に上げろ

誰もわざと事故を起こそうなんていう人はいませんし、クレームをもらおうなんて思っていません。

事故

進路変更時の接触、出合頭、追突・・・。

一般の方でも起こすような事故がプロの運転手でも実際に起きています。

大体の原因は

  • 焦って横着な運転
  • 焦って無謀な運転
  • 焦って安全確認を怠る

クレーム

無理難題を言ってくる客に対しても頭を抱えます。

低姿勢に断らないとクレームになり、そのクレームで運転手の責任が問われることがあります。

仮に低姿勢で断ったつもりでもクレームの電話が入れば責任を問われることもあります。

管理者は揚げ足取りが好きなのです。

責任は面倒

責任を取ることになると、

  • 手当の減額
  • 面倒な書類作成
  • 面倒な対策会議

自分だけの責任ならいいのですが、他の運転手にも迷惑がかかる仕組みになっている場合もあるので厄介です。

一番の原因はブラックな管理者と理不尽なクレームにもまともに付き合うアホな体質だと思うのですが。

会社選びの重要性

現在はブラック体質会社から移りました。

  • 売上
  • 有休
  • 休日出勤
  • クレーム関係

理不尽なことはありません。

違うところで納得できないところはありますが、そういうのはタクシー会社に限らず、どこの会社でも同じかなと思っています。

タクシー人生は会社次第

会社選びはとても重要です。

会社次第で楽しいタクシー人生を過ごせるかどうかが決まります。

是非ともいい会社に巡り合うことを心から願います。

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

東京だとタクシーセンターという全体を仕切っている害悪があるようですが・・・。

ブラックに入ってしまったら

タクシー会社以外にも通ずるものがありと思いますが、

会社は他にもたくさんあるんだから、何かあったら辞めてやる

精神で行くといいかもしれませんね。

僕は嫌なことがあってからは、いつでもやめてやるぞと思っていました。

なぜ都会から地方へ移ったのか

ブラック経験は役に立つ

ブラック企業では精神を病んでしまうかもしれませんが、耐えたという実績はとても貴重です

ブラック企業から緩い会社へ行くと、幾分楽に感じます。

必ずや経験が生きると思いますので、さっさとブラック企業はやめて楽なところへ行きましょう。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!

転職を強力サポート!最大で入社祝い金45万円 タクシー無料転職支援サービス【タクQ】

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました