スポンサーリンク

タクシーで多い事故と違反

タクシー

 タクシーは、お客様を乗せ、また走り出すの繰り返しです。

必然的に一般車に比べて人の乗り降りが多く、走行距離も長くなります。

走行する距離が長ければ、それだけリスクを受ける時間が長くなりますから、事故のリスクが高まります。

のんびり
のんびり

タクシーはプロが運転してるから安心。

 ではありません。タクシー運転手も人間です。プロ野球選手がエラーをするのと一緒で、ミスをします。

必ずシートベルトを着用してください。

では、タクシー運転手はどんな違反や事故を起こしやすいのでしょう。それらをこの記事では紹介します。

のんびり
のんびり

特にこれからタクシーを運転される方は参考にしてください。

タクシーは車外だけではなく車内でも事故が起こりますので注意が必要です。

タクシーで多い違反と事故

結論

不注意やお客様の指示による事故が多い

車外事故

ドアを開ける瞬間が危ない

 お客様が降りようとするときのほとんどはタクシー運転手が開けます。

気が焦ったり、何も考えていなかったりとそんな状態でドアを開けて事故を起こすことがあります。

ドアとバイク、自転車、歩行者との接触です。

のんびり
のんびり

僕も危ない場面がよくありました。

ドアを開ける際は必ずミラーで確認して開けます

お客様を降ろした後が危ない

 ドアを安全に開けてお客様を降ろしたと安心していると危険です。

ドアを閉めようとした瞬間に忘れ物の確認のためにのぞき込む人がいます。

そしてドアが顔に当たる

のんびり
のんびり

寸止めできたので助かりました。

お客様が歩き去っていくところを確認して下さい

お客様を降ろしてドアを閉めた後が危ない

 ドアを閉めたら安心すると危険です。特に繁華街で降ろしたときなどに多いのですが、タクシーの前を通るお客様がいます。

ドアを閉めたからと前方の確認をせずにアクセルを踏んでしまってお客様をひいてしまうことがあります。

のんびり
のんびり

すぐブレーキ踏めたから助かった。

ドアを閉めたら必ず前方を確認し、一呼吸おいてから発進しましょう。

ちなみに店に送客したときに多いことですが、前向きで突っ込んだ後、お客様を降ろした時などタクシーの後ろを通るお客様が多いです。

のんびり
のんびり

バックする際は後方確認をして一呼吸おいて後退してください。

会計の途中で他のお客様を降ろしていると忘れがちになります

車線復帰が危ない

 お客様を降ろした、安全にドアを閉めた、前方後方の安全も確認した。

タクシーは一つも気が抜けませんね。車線復帰するときも注意が必要です。

車にバイク、自転車に歩行者と気を付ける対象がたくさんあります。

のんびり
のんびり

最後まで気を抜かずに出発してください。

車内事故

ドアを閉めるときが危ない

 焦っているときに起こりやすいですが、何の確認もせずにドアを閉めていまうと車内事故が起こりやすいです。

  • 全身が車内に入っているか
  • ドアに当たらないか
  • 衣服や荷物はドアに挟まらないか
のんびり
のんびり

しっかり確認しないと、いいがかりをつけられるかもしれません。

ドアを開ける瞬間が危ない

 車外事故でも触れましたが、車内ではお客様の荷物が落ちてしまう危険があります。

のんびり
のんびり

落ちてしまったものが高級品だったら?

弁償しなくてはならないかもしれません。

赤ちゃんが落ちたという事例もあります。親としてどうかなとは思いますが・・・。

のんびり
のんびり

ドアを開けてよろしいですか?

お客様に確認しつつ大丈夫か目でも確認しましょう。

のんびり
のんびり

適当に返事をする人もいます。

プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー タクシー雑記
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました