スポンサーリンク

のんびりの恐怖体験②『金縛り』

部屋タクシー

前回より
金縛りの続きです。

前回は
こちらからご覧ください。

恐怖体験②『金縛り』

これは
夢?
それとも
現実?

目は動くので
周りを見渡すと
自分の部屋でした。
寝る前の部屋の状態と
完全に一致していたため
現実だと思いました。

状況を理解したのと同時に
知らないばあさんが笑いながら
こちらに近づいてきます。

このばあさんには
手も足もありません。

逃げたくても
体が動かず・・・。

叫びたいのに声も出ない。

どうすることもできなかったので、
目をつむって時が過ぎるのを待ちました。
すると、いつの間にか
眠っていて、気が付くと朝でした。

そして、
次の日も同じように
金縛りが・・・。

続く・・・

あとがき

金縛りになってわかったことは
目が見えて、眼球は動かせます。
そして、
声が聞こえることも分かりました。

しかし、
その声は現実のものかそれとも・・・。


プロフィール
この記事を書いた人
slowtaxi

自由な時間を好むのんびりタクシーです。名前の通りタクシー運転手をしています。
2才の娘と妻の3人で暮らしています。
Twitterやっていますのでよかったらフォローお願いします。

slowtaxiをフォローする
タクシー 気まぐれタクシー
スポンサーリンク
slowtaxiをフォローする
のんびりタクシー

コメント

タイトルとURLをコピーしました